ビフィズス菌がお腹をサポートするビフィコロン

お腹がゴロゴロ、ハリが気になる、腸の老化が心配、こんな不安を抱えていませんか?
お腹のためにヨーグルトを食べている方もいると思いますが、実感している方は3割程度、ほとんどの方が変化を実感できていないと言われています。

 

その理由は生きて腸に届かないからです。
ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれていますが、胃酸や胆汁酸に弱いので大腸に届く前に死滅してしまいます。
年齢とともに腸内の善玉菌は減少します。それを補うにはヨーグルトを食べるだけでは難しいでしょう。

 

そこで役立つのが、日清製粉グループの日清ファルマが開発した「ビフィコロン」です。
ビフィズス菌を生きたまま腸に、毎日の快適をサポートします。

 

↓今なら約14日分を 特別に500円ぽっきりで試せる【毎週先着1000名様限定】のチャンスです。

 

ビフィコロンの500円モニター(送料無料)はこちら

 

腸内には善玉菌、悪玉菌、和見菌が棲みついています。
腸内環境を整えるには、善玉菌を優勢にすることが大切です。
しかし、加齢に伴い善玉菌が減少、悪玉菌が増えてきます。
そのため、食事やサプリメントなどで善玉菌をサポートしてあげることが、腸内環境を良好に保つために必要です。

 

善玉菌の90%以上はビフィズス菌です。ビフィコロンはヒト由来のビフィズス菌を配合、1粒に40億個ものビフィズス菌が含まれています。

 

ビフィズス菌をただ摂るだけでなく、生きて届けることも重要です。
しかし、ビフィズス菌は熱や酸に弱い性質があるので、胃酸や胆汁酸に負けて生きて大腸にまで届けることが難しいです。

 

そこで、ビフィコロンは独自開発の特許取得「ダブルガードカプセル」にビフィズス菌を閉じ込めました。
食物繊維でできたカプセルです。
胃を通過して小腸で崩壊するカプセル、小腸を通過して大腸で崩壊するカプセルを採用しています。大腸にまでビフィズス菌を届けることが大切です。

 

口から摂取したビフィズス菌は大腸に定住しないので、お腹の調子をよく保つためには毎日摂取し続ける必要があります。
ヨーグルトの場合は、毎日食べ続けるのは飽きてしまうし、旅行のときなどは食べられないこともありますよね。ダイエットをしている方はカロリーも気になると思います。

 

ビフィコロンは小粒のカプセルだから、外出先にも持ち運びやすいです。
旅行先に持っていき飲むこともできます。1粒1.07kcalだから、ダイエット中の方もカロリーが気にならないはずです。

 

続けやすく実感しやすいから、8割が習慣にしています。外出の不安が解消された、手軽に続けやすい、との口コミもあります。
健康な体なら積極的に外出やスポーツなどを楽しめるはずです。

 

ビフィコロン1粒で腸内環境が整います

美容や健康維持を心掛けて毎日の食事や生活習慣に気を配っている方も多いですよね。
意識しているのに、なぜかお腹が張ったり、ゴロゴロしたり、年齢とともにモヤモヤすることが多くなったなどお悩みではないですか。

 

体のためにヨーグルトを食べても効果は今ひとつといった話もよく聞きます。
ヨーグルトのような乳酸菌入りの食べ物を摂取してもスッキリできないのは、実は食品から取り入れた善玉菌の大半は途中の胃酸などの影響で死滅してしまい、体調を整えるために善玉菌が必要な大腸まで届いていないからなんです。

 

健康維持には大腸に生きた菌を届けないといけないのですが、そこで紹介したいのが日清製粉グループの日清ファルマ株式会社が開発した「ビフィコロン」なんです。

 

ビフィコロンは独自に開発・特許取得したダブルガードカプセルのサプリメントで、その小さなカプセルが40億個もの生きたビフィズス菌を包み込み、大腸まで生きたままのビフィズス菌を届けてくれるのです。

 

大腸内の善玉菌は99.9%がビフィズス菌なのですが、ビフィコロンはダブルガードカプセルが使われているおかげで、ビフィズス菌を胃酸や小腸の胆汁や消化酵素から守って大腸まで運んでくれるので、大腸内にて善玉菌として働くことが可能なんです。

 

そしてビフィズス菌には乳酸菌にはない酢酸を作るという働きがあり、これが大腸環境を整えるポイントなんです。
ビフィコロンに含まれるビフィズス菌はヒト由来、そしてカプセルも植物由来なので私たちの身体に馴染みやすく安心して飲み続けることが出来るんです。

 

さらに日清製粉グループの厳しい品質管理体制で製品化され、また国内生産なので品質も安全性も間違いないものに仕上がっていますよ。

 

計販売数は50万個を突破しており、2013年10月に実施されたお客様アンケートでは満足度が83%ととても高く、多くの方から支持されていることがわかります。

 

小粒カプセルで1日1粒を目安に飲めばよいので、手軽で飲みやすく、無理せずに継続することができます。
持ち運びも可能なので旅行や出張先にも携帯できる点もうれしいです。

 

ただ、初めてだと実際に試してみないとその効果がわからないですよね。
そんな方には約14日分を試せるモニターセットが用意されているんですよ。

 

初めての方限定でビフィコロン14カプセルをなんと500円で試せて、しかも送料無料で手に入れられるんです。

 

ビフィコロンは通販限定商品でドラックストアなどでは入手できないので類似品には気を付けて下さいね。
ぜひこの500円モニターでその実力を感じてもいたいです。

 

ビフィコロンの500円お試し(送料無料)はこちら

 

生きたまま腸まで届くビフィズス菌

日清製粉が特許を取得した、生きたまま大腸まで届くビフィズス菌です。
人の若さの一つに腸の若さがあります。腸が若いとその人も若くなるのです。
そんな大事な腸ですから、悪玉菌が繁殖したりすると、お腹がゴロゴロ鳴ったり、便通がなかなか来なかったり、スッキリできなくて困っている人も多いようです。

 

お腹にいいからと思って頑張ってヨーグルトを食べたり飲んだりしていても、なかなかスッキリできないのは、とっているつもりの乳酸菌が口から入って腸まで届く間に死滅してしまって、届いていないのかも。それではいくらヨーグルトを食べ続けても効果は感じられなくても当たり前のことです。

 

大腸はとても大切なパートで、バランスが乱れると大事な健康を損なってしまうことになるのです。

 

日清ファルマの新しいビフィズス菌「ビフィコロン」とは?

日清製粉グループの日清ファルマが40億個のビフィズス菌を生きたまま大腸まで届けることに成功したそうです。
それはすごいことだな、と思いますし、本当のことだったら、食べてみたいな、と思うものです。

 

腸は第二の「脳」と言われているだけあって、とても大事なものです。
特に大腸は大事で悪玉菌よりも善玉菌を増やすことが必要だと言えます。
大腸にいる善玉菌のほとんどがビフィズス菌です。そのビフィズス菌を増やせたら、腸内環境が善玉菌が増えて、とてもいい状態になるのです。

 

それを手助けしてくれるのが「ビフィコロン」です。
調子のいい毎日を過ごしたり、いつまでも若々しくあるためにも、優秀なビフィズス菌を大腸まで届けることができる小さなカプセルなのです。

 

胃酸は胆汁に負けずに大腸まで届くように強いビフィズス菌を日清ファルマが開発したのです。

 

大切なのは毎日続けることです。たとえ大腸まで届くビフィコロンでも、1日経ったら体の外に出てしまいます。
ずっと大腸にとどまることはできないのです。

 

それで、毎日コツコツと飲み続けることが、健康で快適な腸の調子を整える大事なことになるのです。
続けていくと、毎日スッキリできるようになって、気分も明るくなってきます。

 

大腸内にある善玉菌の99.9%がビフィズス菌なのです。
そのヒト由来のビフィズス菌を生きたまま腸まで届けることができるビフィコロンは今だったら、500円モニターを募集しているので、使ってみたいと思います。

 

きっと、腸内環境が整ったら、気分的にも明るくなって若々しくなって、元気になりそうな感じがするのです。ビフィコロンを習慣にしたいものです。

 

ビフィコロンの500円モニター(送料無料)はこちら